最新のお墓の種類
2016.05.26

subimg01
高齢化社会になったことで今自分の終活をする人そして祖父母や親の終活を考える人などが多く、終活には色々なものがあり遺品整理をすることから遺言を書いたり相続分与のことなど細かなことを上げるとキリがありません。中でもお墓のことを心配している人もたくさんいるのだそうで、高齢化社会になったことでお参りに行くことができないとか管理ができないそして費用が足りないといった問題点があります。墓地選びをするときにはやはり今の時代立地がよい所にあるということそして管理が楽で費用がなるべく安いことがポイントになっており、インターネットではそんな終活でも大事な墓地選びができるサイトも多く、その地域ごとにある墓地を簡単にインターネットのサイトから比較をして選ぶこともできるようになっています。

またインターネットのサイトには墓地選びだけではなくお墓も比較ができるようになっていますので、今種類が豊富にあることや最新のタイプのものまで掲載していますのでこれから作ろうと考えている人また新しくしようと考えている人にも参考にすることができます。まず最新のタイプのものにはデザインが変わっているものが増えてきているのだそうで、今までのような縦型の和型のタイプのものもありますがオルガンやプレート型といった横型の洋型のタイプのものも人気になってきています。横型の洋型のタイプは海外の外国人の墓地にあるのと同じようなものになり、おしゃれでスタイリッシュなデザインになっているのが特徴になっていますので比較することができます。そして縦型と横型のタイプのほかにもオリジナル型というのがあり、ピアノの形をしていたり野球のボールの形など故人の好きなものを形どる事ができます。

そしてインターネットのサイトでは墓地選びやデザイン以外にもお墓の石材やカラーがありますので、その石材の種類やカラーバリエーションからも比較をして選べるようになっています。国内では御影石を使っていることが多くなっていますが実際には150以上もの石材があり、この御影石だけでもその模様には違いがありますので見た目だけではなく品質をよくチェックして選ぶようにしなくてはいけません。またカラーにも白っぽいものから黒っぽいもの赤い感じのものや緑がかったものなどがありますので、デザインに合ったものであることや墓地の雰囲気を考えながらカラーも比較することができるようになっています。

▲ ページトップへ