墓石の標準的な相場とは?
2016.05.26

subimg05
現代の高齢化から高齢者に関係するビジネスやサービスといったものが増加しており、老人介護ホームや葬儀をする葬儀会場そしてお墓に関する墓地というのも国内にはどんどん増えている現象が見られています。国内ではそんな墓地に立てるお墓である墓石のことも社会問題になっており、核家族になっている現代では跡継ぎといった家系が途絶えてしまうことで管理ができないようになっていることも増えています。管理ができないといった理由もあることで費用をなるべくかけないようにするのも主流になっており、費用がリーズナブルなタイプのものも出てくるようになっています。そこで標準的な相場を知っておくことで予算をいくらくらいにすればよいのかもわかりますので、インターネットのサイトには今どのくらいの費用で買う事ができるのかを知ったり比較をすることもできるようになっています。

今の墓石には色々なタイプのものが豊富にありますのでデザインや石材そして彫る文字などでも費用には違いがあり、大体標準的な相場としては142万円くらいが平均的な相場になっているのだそうです。またこれは地域によっても相場には大きな違いがあるようで東日本が152万円に対して、西日本は132万円と20万円も相場に違いがあり土地や物価が高いといったことも理由にあるようです。またこの相場はお墓だけの費用になっていますので、建てる墓地の場所であったり墓地の種類そして墓地の広さや宗教によっても費用はどんどん上乗せされてしまうようになるので実際には200万円以上費用がかかると考えないといけません。

まず墓石の場合にはデザインや石材でだいぶ費用が違ってきますのでデザインも凝ったものや大きいものにすれば高くなりますし、石材にも等級がありますので一番等級のよいものにすればもちろん費用もそれだけ高くなってしまいます。また建てる場所でも墓地には公営や民間そして寺院や共同と種類がありますので、建てる墓地の種類によっても永代使用料に違いがありますのでサイトで比較をして選ぶことができるようになっています。他にも墓地の広さも3平米くらいの面積と倍の面積ではかかる費用にも違いが出てきたり、故人や家系の宗教によっても宗派によって付属するものに違いがありますので付属をつければつけるほど費用は高くなってしまうことになります。他にも墓地への使用料や管理費そして工事費やそのほかの雑費などもありますので、費用の相場だけで考えるのではなくトータルの情報も必要になります。

▲ ページトップへ